名刺は社会的にとても有用なツールです

人間が自分以外の他人に対して、自分自身のことを伝えようとすることは、日常生活ではとてもたくさん起こる日常的な出来事です。
特にはじめてその人に出会って、自分自身のことを伝えるためには、名前はもちろん伝えるわけですが、それ以外のことを伝える必要があります。
そこでとても有用になるのが、名刺と言う物の存在になるのです。
例えば、複数の資格を取得している人が、自分自身のプロフィールとして、どのような資格を有しているのかを名刺の中に記入します。
すると、相手に対して1ずつ言葉で伝えるよりも、はるかに早く的確に伝える事が可能になります。
また、自分自身が所属している会社におけるポストが、ある程度の責任のある立場であるとすると、それを名刺に記入しておくことも、ビジネスにおいてはとても有用です。
例えば、会社の部長と係長とでは、相手がとるスタンス自体が、初めから異なりますので、それを相手に言葉にせずに伝えることが可能になると言う点で、とても有効な社会的なツールと言えるのです。